Apple、MFiロゴを変更 でメーカーは90日以内に対応

Apple、MFiロゴを変更 でメーカーは90日以内に対応

MFiの認定資格とは、Appleの外部アクセサリーに製造認定を行い、その製品がアップルの性能と品質基準を満たしていることを示すものです

内部情報提供者によると、Appleは2月9日に既に認定された製造業者にパッケージングとMFiロゴの変更を発表した
現在、メーカーはパッケージとMFiのロゴを90日間更新する予定です

  • 前のロゴ
  • MFi Logo 001

  • 新しいロゴ
  • MFi Logo 002

スポンサーリンク

新しいMFiロゴの3つの主な変更点

  1. 3種類のAppleデバイスのロゴの代わりに、単一の黒いAppleアイコンに簡略化されています
  2. 製品の順番が「Made for iPod / iPhone / iPad」から「Made for iPhone / iPad / iPod」に変更されました、この順番の変更は各製品ラインの人気のためです。
  3. フォントが変更されます

近年、Appleは知的財産権の保護を強化していることは注目すべきです
したがって、Appleの公式の承認なしにMFiロゴを使用しているサードパーティの製造業者は、大きな法的リスクに直面することになります

MFiについて

MFiプログラム(「Made for iPhone / iPad / iPod」)は、Apple iPod、iPad、およびiPhone で動作するハードウェアおよびソフトウェア開発者向けのライセンスプログラムです

MFiは元の名前「Made for iPod」の短縮バージョンです、このプログラムはヘッドフォンジャック、オリジナルのドックコネクタ、新しいLighteningコネクタ、Airplay サポートなど、さまざまなデバイスコネクタをカバーしています

MFiプログラムに参加し、認定試験に合格した企業は、製品にMFi関連のロゴを使用して製品の品質を実証することができます

(Via Charger Lab .)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)