Appleのユーザーがフィッシング攻撃に注意する必要がある最大の理由はiCloudアカウント

Appleのユーザーがフィッシング攻撃に注意する必要がある最大の理由はiCloudアカウント

iCloudアカウントIDは15ドル

Appleユーザーがフィッシング攻撃に注意する必要がある最大の理由の1つは、侵害されたiCloudアカウントがダークウェブで取引されるアカウントのうち、アカウントごとに15ドルで最も価値があることです

すべてのデータが属している

Apple IDデータの価値について考えると、自分自身のアカウントはすべての個人データのゴールデンポータルであるだけでなく、クレジットカードの詳細、オンライン購入、ウェブサイトのパスワードなど、貴重なアイテムのあらゆる種類のロックを解除します

だからこそ、すべてのApple IDユーザーは、これらのコードを覚えるのにかなりの時間を費やす必要があっても、厳重な英数字のパスコードで保護して作成しようとしているデータの価値について考えるべきです

興味深いのは、銀行や金融サービスのID以外に、ハッキングされたAppleアカウントが、ダークウェブ上で取引される最も価値ある単一のアカウントであることです

オンラインバンキングの詳細は160ドル、PayPalログインは250ドル、パスポート詳細取引は60ドルです
これらのすべての形式のデータは、ハッカーが個人口座に侵入するのを助け、ID盗難の効果的な試みを可能にします

これらの洞察は、VPN比較サービスTop10VPN.comの米国の調査で、人気のあるダークウェブ市場のDream、Point、Wall Street Marketで数万件のリスティングをレビューしたものです

スポンサーリンク

ダークウェブで幾らくらいで売買されてるか?

  • Apple ID:15ドル
  • Amazon, Walmartアカウント:<10ドル
  • eBayアカウント:12ドル
  • Skype:<10ドル
  • Uberログイン:7ドル

Apple IDの高い価値は、Appleユーザーが富裕層、iCloudに関連するデータの豊富さ、そしてこれらのアカウントへの支払い詳細の添付ファイルが反映しています

これらは安いように見えるかもしれませんが、ハッカーの中ではApple IDの詳細のすべてのセットがより正確になるので、当て込んでいます

画像元:Taylor Cohen for flickr
(Via Computerworld.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)