Apple、Samsungとのスマートフォン収益の差を拡大し北米で75.6%を占める

Apple、Samsungとのスマートフォン収益の差を拡大し北米で75.6%を占める

北米市場のスマートフォン収益の約76%

先週、Strategy Analyticsの調査で2017年の第4四半期に世界のスマートフォンの売上高は過去最高の1,200億ドルに達し、Appleは51%の世界的なスマートフォン収入シェアを獲得した事をお伝えしました

Counterpointによると、さらに印象的なさまざまな市場での収益の内訳を示しており、このチャートによるとAppleとSamsungの間の収益差がはるかに広がっていることを示しています
Revenue Gap 001

Counterpointは、「iPhoneのXまたは8シリーズでは、ボリュームのスーパーサイクルが今年は難しいように見えるが、ここで目にすることができるのはAppleがiPhoneの”収益スーパーサイクル”に入っている」というレポートです

スポンサーリンク


2017年第4四半期の終わりに、Appleは新しいiPhone向けに平均販売価格(ASP)を大幅に上回り、スマートフォンのハードウェア収益のシェアを地域間で記録して大規模な収益を上げたと述べています
Revenue Gap 002

  • Appleは現在、500を超える定期的に活動しているブランドを持つ市場で世界のスマートフォン収入の約50%を占めています
  • AppleとSamsungの間の格差は、利益においてさらに拡大されています

Revenue Gap 003

  • Appleはまた、北米市場ではスマートフォンの収益のほぼ76%または3/4を支配しており、ヨーロッパでは57%近くを占めており、多くの西ヨーロッパの個別市場では3分の2以上を占めています
  • 主な理由は、消費者の意欲はスマートフォンの多くがデジタルライフの要点であると考えているため、毎年iPhoneの高額と高額の料金を支払います
  • 第二に、Appleのブランド、ユーザー体験、デザインは依然として消費者のための重要な動機であり、7億人の世界的な強固なiPhoneユーザーがAppleにアップグレードすることを望んでいます
  • さらに、Appleの巧妙なアンカー価格戦略のためのより高いメモリ容量、iPhone XのOLEDディスプレイの選択も、Appleの収益を後押ししています
  • そして最後に、Counterpointのリサーチディレクター、Neil Shah氏は「2018年のほぼ均等の年間シェアでも、iPhoneが収入を記録して収入スーパーサイクルを生み出すために、今年はうまく位置づけられている」と語っています

画像元:Patently Apple
(Via Patently Apple.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)