Apple Park、オープンして以来1つの痛い問題が残っている、その問題とは?

Apple Park、オープンして以来1つの痛い問題が残っている、その問題とは?

Apple Parkの1つの問題

Apple社の新しい本社の中心的な部分は、巨大なリング状のオフィスで、ガラスの窓があふれています、これは有名なデザインに魅了された美学の証です

昨年オープンして以来、1つの問題が残っています、Appleの従業員はガラスにぶち当たっています

Apple Park、このビルの周囲には、45フィートの高さの湾曲した安全ガラスのパネルがあり、内部にはガラスをたくさん使って作られた「ポッド」と呼ばれる作業スペースもあります

その事件に精通している人によると、散歩している従業員が窓枠に入ってくるケースが繰り返されています

何人かのスタッフはポストイットのメモをガラスのドアに貼り付けることで、そこにガラスの存在を示すようにしました、しかしは建物のデザインを損なったため削除された、と人々は言います

状況に精通して別の人は、ガラスを識別するために他のマーキングがあると述べています

スポンサーリンク


Appleの最新キャンパスは建築的な驚異であると賞賛されています、有名な建築家のノーマン・フォスターが作成したこの建物は、アップルの共同設立者のスティーブ・ジョブズが何年も前に持っていたビジョンを基にしています

2011年、Jobsは建物が「宇宙船のようなものだ」と伝えたと言われています

Appleの広報担当者はコメントを拒否しています

(Via Bloomberg.)


大きく綺麗に磨かれたガラスが壁のようになっているのでしょうね、気が付かないくらいに仕事に熱中しているのでしょうか??、それともわき見??


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)