Appleの2018年の6.1インチLCD iPhoneがこれまですべてのiPhoneの販売記録を粉砕する可能性がある

Appleの2018年の6.1インチLCD iPhoneがこれまですべてのiPhoneの販売記録を粉砕する可能性がある

わずかな違い

おおかたの予想では、iPhone XはiPhoneのアップグレードのスーパーサイクルを導くことになっていました、しかし現実はわずかに異なっていました

iPhone Xの販売は前四半期に比べて非常に好調であったが、前年同期(約 7,800万台)と比較してiPhone販売台数は約100万台減少でした

クリスマス休暇を含む2018年第一四半期は13週間の期間で、前年同期の14週間と比較して1週間少ないことは注目に値します

Appleの12月の四半期に1週間が追加されれば、iPhoneの販売台数は約8,300万台になっていたはずです

問題なく、iPhone Xの需要は堅調に推移しています、消費者は明らかにFace IDを愛していて、ノッチを取り巻く論争はすべてこの時点で問題になっていません、同時に、iPhone Xの999ドルの価格ポイントは、将来の購入者にiPhone 8を選ぶか、または後日までアップグレードを延期するように促した可能性が高い

スポンサーリンク


Appleの2018年のiPhoneのラインナップは、6.5インチiPhone X Plus、最新のiPhone X、エッジレスLCDディスプレイ搭載の新しい6.1インチiPhoneという3つの新しいデバイスで構成されるという噂があります

これまでに集めた情報からは、Appleの6.1インチiPhoneは現在のiPhone Xよりもはるかに手頃で、その結果、今年の後半には、前述のiPhoneのスーパーサイクルは今年後半に来る可能性があります
要するに、Appleの6.1インチ LCDのiPhoneは、リフレッシュされたiPhoneのデザインを望んでいるが、新しいデバイスのために1,000ドル以上を、しぶしぶ支払うつもりがないアップグレーダーが雪崩のように殺到するでしょう

AppleのアナリストであるMing​​-Chi Kuoは最近、AppleのLCDベースのエッジレスなiPhoneが同社のOLEDベースのモデルよりも人気が高いと主張する投資家ノートを発行しまた

それによると、Kuo氏は今年のiPhone Xへの期待はLCDモデルの未来を暗い視野に導いたが、噂の6.1型LCDモデルは2018年にスーパーサイクルを再現する可能性があると語っています

具体的には、Kuo氏は、LCDサプライチェーンの後半期のシェア低下が、OLED競争の激化を懸念していると考えています
さらにAppleが全画面表示の6.1型LCD iPhoneモデルをリリースすれば、売り上げ増加の可能性はLCDメーカーJapan Displayのようなサプライヤーにも影響を与えます

要するに、6.1インチのiPhoneが実質的にiPhone 8のような価格でiPhone Xスタイルのデバイスになるため、今年後半にAppleがすべての既存のiPhone販売記録を粉砕すると信じる理由があります

画像元:BGR( Shutterstock )
(Via BGR.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)