Apple、AirMacベースステーション向けファームウェアアップデート7.7.9および7.6.9をリリース

Apple、AirMacベースステーション向けファームウェアアップデート7.7.9および7.6.9をリリース

Appleは本日、AirMac Express、AirMac Extreme、AirPort Time Capsuleなど、Wi-Fiベースステーション用の新しいファームウェアアップデートをリリースしました

7.7.9アップデートは802.11acベースステーションで利用でき、7.6.9アップデートは802.11nベースステーションで利用できます

このアップデートのリリースノートはAppleからは提供されていませんが、このファームウェアアップデートは現代の多くのWi-Fiネットワークやデバイスに影響を与えたKRACK Wi-Fiの脆弱性を修正する可能性があります
AirMac1213

スポンサーリンク


KRACKの脆弱性により、攻撃者はWPA2プロトコルの弱点を悪用して、ネットワークトラフィックを復号化してクレジットカード番号、ユーザー名、パスワード、写真、およびその他の機密情報を盗聴する可能性がありました

新しいファームウェアのアップデートは、iOSまたはmacOS用AirMacユーティリティを使用してインストールできます

macOS用AirMacユーティリティは、「アプリケーション」>「ユーティリティ」フォルダにあります

Appleは2016年にAirPort無線ルーターの開発を中止したとされており、近いうちにAirPortファミリで別の製品を生産する計画はありません

(Via MacRumors.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)