スポンサードリンク

不満はあるでしょうが「Siri」は、70%の応答率で競合するバーチャルアシスタントの中で最高です

スポンサードリンク

不満はあるでしょうが「Siri」は、70%の応答率で競合するバーチャルアシスタントの中で最高です

バーチャルアシスタント「Siri」

バーチャルアシスタントは、メモを送信したり、買い物リストをキャプチャしたり、安っぽいジョークを伝えたりと、多くのことを行うことを運命づけられています
遠い未来において私たちの人生のあらゆる部分を取り巻く周囲のAIと対話する主要な方法の1つになります

それが、AppleのSteve JobsがSiriの購入を執拗に追求したときに、これらの技術で見たものです
新しいプラットフォームを実現するためのインターフェースの可能性を見出しました

Jobsは後で、彼が私たちのビジョンを理解したことを納得させました、Siriを小さな機能にするだけでなく、複数のデバイスにまたがるAppleの戦略の中核となるものであり、 Siriの共同設立者であるAdam Cheyerは今年初めに説明しました

バーチャルアシスタントの比較

CBT Nuggetsの最近のバーチャルアシスタントの顧客満足度調査は興味深い結果です

さまざまな作業やさまざまな状況で、Siri、Cortana、Google Now、Google Home、Alexaを使用した経験を500人に評価しました

結果は、各アシスタントには独自の長所と短所があることを示唆しています、Google NowとSiriは、音声認識、騒々しい環境での対応、メッセージの指示、音楽の再生など、多くのランキングで競いました

全体的に「SIri」は静かでも騒々しい環境で完璧に完成したデバイス応答の最も高い割合を出しました
それは全体の70%の応答率です(他のものよりも優れていますが、改善すべき十分なスペースがまだあります)

スポンサードリンク

CBT Nuggets バーチャルアシスタントの調査結果

参加者のSiriの満足度は65%、Google Nowは59%、Cortanaは46%の満足度でした

全体的な満足度スコア

  1. Siri: 65%
  2. Google Now: 59%
  3. Cortana: 46%

騒々しい空間で

  1. Siri: 63%
  2. Google Now: 55%
  3. Cortana: 44%

静かな場所で

  1. Siri: 68%
  2. Google Now: 64%
  3. Cortana: 47%

Verbal command 001

これらの結果は、活動しているときに言葉でコマンドを形成することになるとSiriが最高のバーチャルアシスタントであることを示唆しています、つまり地図を取得したり、電話をかけたりする時です

「Google Home」vs「Alexa」

全体的な満足度スコア

  1. Alexa: 51%
  2. Google Home: 47%

騒々しい空間で

  1. Alexa 45%
  2. Google Home: 41%

静かな場所で

  1. Alexa: 56%
  2. Google Home: 63%

Verbal command 002

音楽について

Appleの音楽チームは大きな批判に対処する必要があります
Siriは、他のアシスタントよりも騒々しい環境、静かな環境でアーティストによる特定の音楽トラックを見つけることが難しく、テストの中で最も弱い機能でした
Verbal command 003
Verbal command 004

画像元:CBT Nuggets
(Via CBT Nuggets.)



「CBT Nuggets」には他にも比較の画像全てを見ることができます


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

コメント01479 PV
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク