スポンサードリンク

Apple、「iPhone X」の「Face ID」は間違いから学習する

スポンサードリンク

Apple、「iPhone X」の「Face ID」は間違いから学習する

Face ID Security

Appleが、Face IDセキュリティに関した「Face ID Security」と題する文書によると、この新しい機能の「Face ID」は顔を認識できない場合、ユーザーはユーザーをよりよく認識する方法を学習するために、その経験を学習する必要があることをiOSに伝えることができます

Appleによると、Face IDが失敗してユーザーがパスコードを入力すると、iOSはTrueDepthカメラの前でその人物の新しいスナップショットを学習して取得します

時間が経つにつれて、これはFace IDにユーザーの認識をより良くするよう教え、エラーの数を減らします

「iPhone X」のFace IDによるロック解除方法

Face IDを無効にするとデバイスがロックされます、セキュアエンクレーブに保持されている最高クラスのデータ保護キーが破棄されます
そのクラスのファイルとキーチェーンアイテムは、パスコードを入力してデバイスのロックを解除するまでアクセスできません

Face IDを有効にすると、デバイスがロックされてもキーは破棄されません
代わりに、Secure Enclave内のFace IDサブシステムに与えられたキーでラップされます

デバイスのロックを解除しようとすると、Face IDがあなたの顔を認識すると、データ保護キーをアンラップするためのキーが表示され、デバイスのロックが解除されます
このプロセスは、デバイスのロックを解除するためにデータ保護IDとFace IDサブシステム間の協力を必要とすることにより、追加の保護を提供します

デバイスが再起動すると、デバイスのロックを解除するためにFace IDに必要なキーが失われます。パスコードの入力が必要な条件が満たされた後(たとえば、48時間ロックされていない、または5回失敗したFace IDの一致試行後)など、Secure Enclaveによって破棄されます

スポンサードリンク


TrueDepthカメラは、iPhone Xを起き上がらせたり、画面をタップしたり、iPhone Xが着信通知を表示しようとしたり、サポートされているアプリが顔認証をリクエストしたりしたときに自動的に顔を探します

顔が検出されると、あなたの目が開いてあなたのデバイスに向けられていることを検出することによって、Face IDは注意を喚起し、ロックを解除しようとします
アクセシビリティのために、これはVoiceOverが起動されているときは無効になっています。必要に応じてVoiceOverを別途無効にすることもできます

学習する

「Face ID Security」に以下のような記述があります

ロック解除のパフォーマンスを向上させ、顔や見た目の自然な変化に追いつくために、Face IDはその記憶された数学的表現を時間の経過と共に補強します
ロック解除が成功すると、Face IDは、そのデータが破棄される前に、有限数の追加のロック解除のために、その品質が十分であれば新たに計算された数学的表現を使用することができる


逆に、Face IDがあなたを認識できず、一致した品質が一定のしきい値を超えていて、パスコードを入力して失敗した場合、Face IDは別の取り込みを行い、登録されたFace IDデータを新しく計算された数式で補強します
この新しいFace IDデータは、制限された数のロック解除の後、それに対するマッチングを停止すると破棄されます


これらの増強プロセスにより、顔の髪の毛やメイクアップの使用に劇的な変化を続ける一方、誤認を最小限に抑えることができます

(Via Apple.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

(最終更新:2017/11/15)コメント0792 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク