Apple、「HomePod」は、デバイスのペアリング、セットアップのためのトーンを生成

Apple、「HomePod」は、デバイスのペアリング、セットアップのためのトーンを生成

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Appleの「HomePod」は、12月にリリースされますがスピーカーによって生成された特別な音色によって起動され、続いてホストとなるiPhoneで認識され自動ペアリングと設定のプロセスを利用することができる

「iOS 11 beta 9」で見つかる

開発者Guilherme Rambo氏がAppleの最新のiOS 11ベータ版で発見したスクリーンショットは、今後のHomePod機能を示唆しています

Homepod0903 001

Apple WatchやAirPodのような他の接続されたAppleアクセサリと同様に、HomePodは複数のペアリング方法をサポートしているようです

たとえば、Apple Watchは画像ベースのペアリング技術を使用しています
この手法では、ホストのiPhoneカメラを介して検出するための動的な「パーティクルクラウド」ビジュアライゼーションがWatchに表示されます
自動システムに障害が発生すると、デバイスは手動の構成プロセスに戻ります

一度ペアリングされ、接続されたiPhoneはiCloudアカウント認証、ハードウェア設定、およびフルスクリーンキーボードの恩恵を受けその他の機能を処理します


スポンサーリンク




HomePod は、同様のセットアップ手順を利用することが期待されています

今月初めに、以前のiOS 11ベータ版で発見されたコードは、HomePodのSiriアシスタントがユーザーがiPhoneに入力する4桁の認証とペア設定コードを読み上げることを示唆していました
そこから、Apple ID、Apple Musicなどのサインインを含む設定プロセスがiPhoneにオフロードされます

本質的に、今日のスクリーンショットで示唆されているHomePodのトーン生成機能は、以前に発見されたSiriベースの認証プロセスを起動することによって、セットアッププロセスに適合するApple Watchのパーティクルクラウド機能のオーディオバージョンです
あるいは、Siri読み出しは手動設定手順の一部になる場合があります

(Via appleinsider.)


日本語対応は来年との噂がありますが、それまでは日本では発売されないのでしょうか?

未対応でもスピーカーとしては利用でき、ソフトウェアのアップデートで日本語も対応となるでしょうから、同時に発売してもらいたいものです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)