スポンサードリンク

Appleのトップシークレットフィットネスラボの活動追跡が明らかに

スポンサードリンク

Appleのトップシークレットフィットネスラボの活動追跡が明らかに

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

トップシークレットフィットネスラボ

Appleは、数年前からAppleはカリフォルニア州クパチーノのキャンパス内の非公開の場所で、ハッシュ・ハッシュのフィットネス・ラボを運営していました

少数の記者団に披露した一連のデモに参加した記者のレポートでは

Appleのフィットネス担当ディレクター、Jay Blahnik 氏は次の事柄を明らかにしました

秘密裏にすでに33,000時間以上のバイオメトリックデータが蓄積されており、テスト対象者として密かにボランティアされたAppleの従業員が参加していること、29人の看護師および医師に加えて、13人の医師および運動専門家を雇用していること

酸素消費量を監視するために使用される代謝カートの最大購入者ともなりました
今では50台のマシンがあり、その半数はポータブルなので、水泳やサイクリングなどの活動に使用することができます(そして、従業員は警備員と一緒に毎日自転車に乗っていると言います)
また、座っている間にどれだけのカロリーを燃やしたかを調べています

ラボには、時計の機能を試験するためのさまざまな環境条件を再現する「気候室」があることが明らかになりました
AppleはAppleのウォッチをテストするために、アラスカとドバイの極端な地域に設定しています

このデモで、AppleはApple Watchの今後のフィットネス機能を紹介しました
これは、Appleとサードパーティの両方の開発者によって開発されました、GymKitと呼ばれ特筆すべき機能の1つは、Apple Watchとトレッドミルのような運動器具をワイヤレスで同期させて運動を追跡することです

この機能は、今秋のWatchOS 4と一緒に利用できますが、GymKit互換のフィットネス機器がリリースされる時期は不明です

ウェアラブル以外にも、数百万ドル規模のフィットネスラボから収集したデータが、iOSとHealthKitのフレームワーク上のAppleのヘルスアプリに何らかの要因で影響を及ぼすと想定するのは妥当なことです

Appleが医療分野への進出を決めたところで、同社はすでに医療研究の進め方を変える可能性についてかなりの憶測と興奮をもたらしています

最後に「確かに、私たちが話をしていないが、これから時間がかかるものもあります」と、彼のチームが取り組んでいる他のプロジェクトがあることは認めています

画像元:Apple
(Via iDrop News , MIT Technology Review)


「GymKit」に関して、AppleはNewsroomの「watchOS 4でApple Watchはさらに賢くなり、より充実したフィットネス機能を搭載」で次のように紹介しています

今回のアップデートでは、ワークアウトアプリケーションが強化され、GymKitが登場します。GymKitは、お客様の有酸素運動器具と接続したワークアウトを実現する画期的なテクノロジープラットフォームです



では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク