スポンサーリンク

Apple、高校やコミュニティの大学生向けのアプリ開発カリキュラムを開始

スポンサーリンク

Apple、高校やコミュニティの大学生向けのアプリ開発カリキュラムを開始

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

革新的な通年カリキュラムがiBooksストアで利用可能

急速に成長するアプリ経済でキャリアを追求したい学生向けに、新しいApple 開発カリキュラムを開始しました。カリキュラムは、今日AppleのiBooks Storeから無料でダウンロードできます

App Development with Swiftは、Appleのエンジニアや教育者が、世界で最も人気のあるプログラミング言語の1つであるSwiftを使用して、学生にアプリデザインの要素を教える1年コースです。学生は、ソフトウェア開発や情報技術において重要な職務スキルを身につけ、完全に機能的なアプリケーションをコーディングして設計する方法を学びます

この秋から、全米で約50万人の学生にサービスを提供する6つのコミュニティカレッジシステムが、革新的なカリキュラムを初めて提供することになります。多くのキャンパスでは、地元の企業もメンタリングやインターンシップを提供します

Swift uikit macbook 2

App Development with SwiftはAppleの既存のK-12 Everyone Can Codeのカリキュラムを拡張したもので、全員にコーディングを学び、書き、教える力を提供します

今月初め、アップルはサプライチェーン全体で米国で雇用創出に焦点を当てた先進製造基金の創設を発表した。初期投資額は10億ドル。新しいスウィフトコーディングカリキュラムは、アップルの経済発展へのコミットメントのもう一つの例であり、全米の学生にさらに多くのキャリアチャンスをもたらすのに役立ちます

(Via Apple.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサーリンク




【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

コメント0517 PV
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK