これは意外!なこと、Appleの新しいApple Parkには、保育園を除くすべてのものがある

スポンサードリンク

これは意外!なこと、Appleの新しいApple Parkには、保育園を除くすべてのものがある

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Apple Park

Appleの派手な新しい50億ドルのキャンパスは、彼の死の前に会社の共同設立者であるSteve Jobsによって最後に行われたプロジェクトの一つで、カスタムドアハンドル、数千の木々、そして100,000平方フィートのフィットネスと2階建てのヨガルームを備えています

しかしキャンパスが持っていないものは、保育園です

Kape CapitalとKapor Center for Social Impactを通じて社会インパクトテクノロジーのスタートアップに投資するMitch Kapor氏は「巨大なジムだが保育園はありません、Appleキャンパスは間違っています」と言っています

先月開かれた12,000人の従業員を抱える新しいApple Parkキャンパスに託児施設を含まないことに決めた理由や、現在従業員に提供している託児所の特典について、Appleはいくつかの質問に答えませんでした

Appleは、育児提供者が利用できない場合、その従業員を支援するバックアップケアを提供していると述べていますが、定期的な育児費用を補助するかどうかは不明です

何故これが議論のトピックになるかと言うと、Appleなどのハイテク企業は、女性従業員の数を増やすなど、労働力の多様化に取り組んでいるからです

Tim Cook CEOのリーダーシップの下で、AppleはLGBTの権利、人種の平等、労働力の多様性を向上させるハイテク産業の必要性のような社会問題の前に立っています

Appleの最新の多様性レポートによると、女性の割合は前年よりわずか1%上昇して32%になっています

女性を引き付けるための一つの方法は、専門家が言うように、家族にもっと適応させることです

Appleは、FacebookやIntelのような他のハイテク企業と同じように、長期出産休暇、採用償還プログラム、卵子凍結などの利点を追加しました。 しかし、現場での保育園の不足は、Appleの女性の進歩を抑制したり、会社に従事する人数を制限したりすると言われます


スポンサードリンク




Google、Cisco、Genentechは、キャンパス内の託児サービスを提供している数少ない企業の1つです
Genentech は、そのセンターでは、「働く両親が子供を世話する際に必要な柔軟性と、子供が近くにあり、適切に世話されていることを知るために必要な心の安らぎを与えることができます」と述べています
シスコでは、「育児のオプションを提供することで従業員が最善を尽くすことができます」と述べています

従業員に育児給付を提供することは正しいことではなく、ビジネス上の観点からも意味をなさないと専門家は言います

「偉大なジムを持つことで自分と私たちの体を守ることができる必要がありますが、子供たちにとって安全な健康な学習環境を確保する必要もあります」と、Make It WorkのポリシーディレクターJulie Kashen氏は述べています

Kashen氏は育児に関しては、「それは正しいことだからやるべきだと思うし、従業員と生産性の面で優れているからだ」と述べました

画像元:Apple
(Via CNET.)


このレポートを読んで人権や人種の平等を唱えるAppleが、働く女性を手厚くサポートしていないことを初めて知りました

それと同時に、どうして?と言う疑問も湧いてきてAppleの真意を知りたいですね


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

コメント01201 PV
CATEGORY :

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK