watchOS 4.3.1では、サードパーティのウォッチフェイスに対する今後のサポートを示唆

watchOS 4.3.1では、サードパーティのウォッチフェイスに対する今後のサポートを示唆

Apple Watchが導入されて以来、開発者は独自のウォッチフェイスを作成する機能を求めてきました

現在、Appleだけがウォッチフェイスを提供することができ、その中にはピクサーとディズニーのコンテンツを提供するものもあります、サードパーティのウォッチフェイスが欠けている理由は、できるだけ多くの人が経験やブランドをコントロールしたいというAppleの希望を含むものです

watchOS 4.3.1で見つかったコードは、これが将来変更される可能性があることを示唆しています

ウォッチフェイスを担当するNanoTimeKitフレームワークのコンポーネントは、おそらくMac上で動作するXcodeと通信するように設計された開発者ツールサーバーを実装しています

そのメソッドの1つには非常に興味深いログメッセージがあります
Apple Watch Face 001

スポンサーリンク


この機能は現時点では実装されていないというメッセージの文言から明らかですが、Appleが計画していることは間違いありません

この新しい機能は、直ぐにやwatchOS 5と同時に登場する可能性、または完全に削除される可能性があります

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)