Apple、42mmサイズのApple Watch Series 2 のバッテリの膨張で無償修理を提供

Apple、42mmサイズのApple Watch Series 2 のバッテリの膨張で無償修理を提供

Appleは、新しいサービスポリシーの一環として、電源が入らないか、またはバッテリーが膨張した一部のApple Watch Series 2モデルを無償で修理します

Apple StoreとAppleの認定サービスプロバイダに配布された社内文書の中で
Appleは、特定の条件下で、いくつかの Apple Watch Series 2デバイスが電源が入らないか、またはバッテリーの膨張を経験するかもしれないと判断したことが確認されました
Apple Watch Series 2 42mm 001
この文書によると、アップルの内部GSXポータルでSN4534という番号が付けられ「Appleは購入日から3年間、適格なデバイスの使用を許可する」と述べています

このポリシーは、少なくとも米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパで発行されたものであり、サービスプロバイダーが利用可能な世界的な取り組みである可能性が高いです

スポンサーリンク


バッテリが膨れすぎると、Apple Watchの電源がオンにならないか、ディスプレイが爆発的に開くことがあります、この問題の写真は、AppleサポートコミュニティとMacRumorsフォーラムで数ヶ月間共有されていますが、その大半は2015年にリリースされた第1世代のモデルです

OP1977という付録文書によると、Sport、Edition、Hermès、Nike +など、42mmサイズのApple Watch Series 2モデルに限定され、視覚的機械的検査が必要です、Apple Watchの保証ステータスは、カバレッジには影響しません

この新しいポリシーは、元のApple Watch、Series 1およびSeries 3モデル、または38mmモデルには適用されません

しかし、数年前、AppleはオリジナルのApple Watchモデルで、バッテリーの膨張で、元の購入日から3年以内に無料修理を提供する同様の方針を制定しました

Appleは、このポリシーを他の修復プログラムと同じように公表していませんが、MacRumorsは、内部文書が複数のソースで真正であることを確認しています

画像元:MacRumors
(Via MacRumors.)


私のは、同じくApple Watch Series 2の42mmですが現在この様な問題は幸いなことには起こっていません

もし同様の問題が起こっている場合は、こちらの「Apple Watchに関して」からAppleに問い合わせをされることをお薦めします


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)