2017年に1800万台のApple Watcheが出荷され、2016年の54%増

2017年に1800万台のApple Watcheが出荷され、2016年の54%増

2016年の54%増

Apple Watchの出荷台数は、2017年に1800万台を突破し、2016年から54%以上増加しました
Series 3は、AppleのWatchの最新バージョンの出荷台数がほぼ900万台に達し、Apple Watchのほぼ半分を占めました
Appleの第4四半期では、出荷台数が2016年の800万台に比べて32%以上増加しました

Appleだけでなくウェアラブルベンダーにとっても出荷台数が過去最高を記録しました

Canalysのリサーチアナリスト、Vincent Thielkeは、次のように述べています

Apple Watchの携帯電話版は、米国、日本、オーストラリアで需要がたかまっています、Apple Watch Series 3は、市場で最も速く販売されているLTEウェアラブル製品です
しかし英国、ドイツ、フランスでの限定されたオペレータ選定は、消費者の購買意思決定に影響を及ぼし、Apple Watchの成長可能性を阻害しました


2018年第1四半期のシンガポールや香港などの新市場への進出は、ちょうどよい時期です

Canalys 001

スポンサーリンク


CanalysのシニアアナリストJason Low氏は、

Appleはウェアラブルゲームに勝った、他のベンダーが採用している回転式ベゼルや円形スクリーンなどの革新的な設計にもかかわらず、AppleはコアのiPhoneユーザーベースに引き続き注力しています
GymKitやApple Heart StudyのようなSeries 3への最近のアップデートは、ユーザーがアクセサリーにもっと費やすように促す、魅力的なユースケースを提供することを証明しています

画像元:Canalys
(Via Canalys.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!

 







関連記事

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)