スポンサードリンク

Apple、「watchOS 4.1」の新機能を使った場合のバッテリ寿命

スポンサードリンク

Apple、「watchOS 4.1」の新機能を使った場合のバッテリ寿命

watchOS 4.1

Appleは、昨日「watchOS 4.1」をリリースしました

このアップデートには、ミュージックストリーミング機能やApple Watch Series 3のLTEモデルで利用できる「Beats 1」がふくまれています

気になるのがバッテリ性能ですが、Appleは「Apple Watch Series 3 Battery Information(Apple Watch Series 3バッテリー情報)」と題するサポート文書を公開しています

これによると

オーディオ再生

  • Apple Watchストレージから最大10時間の再生
  • Apple MusicコンテンツをLTEでストリーミングすると最大7時間
  • LTEでBeats 1 Live Radioをストリーミングすると最大5時間

ストリーミングオーディオ、GPS、およびLTEを使用して屋外で最大3時間となっています

スポンサードリンク


実際のバッテリー性能は、選択した設定、使用しているワイヤレスLTEネットワーク、信号強度、ストリーミングの品質設定など、さまざまな要因に基づいてユーザーごとに異なります

現在、日本の「Apple Watch Series 3のバッテリーに関する情報」は最新版に更新されていないので、詳細は「Apple Watch Series 3 Battery Information」で確認してください

潜在能力を最大限に引き出すためにLTEのApple Watch S3を購入した人は注意が必要です

(Via Apple Watch Series 3 Battery Information , Apple Watch Series 3のバッテリーに関する情報)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク