スポンサードリンク

「Apple Watch 3」は、LTEとLTE非サポートの両モデルで、明らかなデザイン変更はなく、今年後半の出荷

スポンサードリンク

「Apple Watch 3」は、LTEとLTE非サポートの両モデルで、明らかなデザイン変更はなく、今年後半の出荷

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Apple Watch 3

KGのアナリストのMing-Chi Kuo氏は、次世代のApple Watchに関する新しい予測を発表しました

Kuo氏によると、Apple Watch 3はLTEと非LTEの両方のモデルを提供して今年後半に出荷する予定です
同氏はまた、次のApple Watchはこれまでと同一なデザインを保持し、明白な新しいフォームファクタを備えていないと予想しています

また、Apple Watch 3が従来と同じ38mmと42mmの2つのサイズの構成で出荷を継続するとしています


スポンサードリンク




KGIの最新の予測は、 ブルームバーグの 最近のレポートの後、LTE接続のためのIntelモデムを備えた新しいApple Watchを最初に言及しました

Daring Fireballの John Gruberは、新しいモデルが新しいフォームファクタを備えていることを後で示唆しましたが、後で彼はその主張を変更しました

KGIはさらに、Apple Watch 3の携帯電話接続は、3G接続をサポートせずLTEだけのサポートを予測していて、販売と使用が市場を制限します

ブルームバーグの報道には、携帯電話のApple Watchモデルをサポートするために、4つの主要な米国通信事業者(AT&T、Verizon、T-Mobile、Sprint)価格の詳細はまだ不明です

KGIの予測によれば、Appleは今年中にApple Watchを1,750〜1,800万個出荷し、今年後半には8〜900万台の新しいApple Watchを出荷する予定です

Kuo氏は、Apple Watch 3に占める、LTEの比率は35〜40%であると予想しています

(Via 9to5Mac.)


LTE対応となった時に、iPhoneの接続料金とシェアできなければ当然、基本料がかかり割高になると思われます

また、別番号では余りメリットが感じられないように思います

理想なのは、iPhoneと同一番号でiPhoneのロッカーに入れてジムでトレーニング、また自宅にiPhoneを置いてApple Watchだけでランニングやウォーキング中に電話や通知を受け取ることができ、iPhoneと共にある時は現状のような利用方法ができれば、良いかなと思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク